コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注す・点す さす

大辞林 第三版の解説

さす【注す・点す】

( 動五[四] )
〔「刺す」と同源〕
液体を注ぎ入れる。
器の中の液体にさらに少量の液体を加える。 「煮立ったら水を-・す」
少量の液体をある部分に注ぎ込む。注入する。 「歯車に油を-・す」 「目薬を-・す」
火をつける。点火する。 「父豊浦の大臣家に火を-・して焼死ぬ/愚管 1
[可能] させる
[慣用] 水を-

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

注す・点すの関連キーワード差す慣用液体