注意深(読み)ちゅういぶかい

  • ちゅういぶか・い

精選版 日本国語大辞典の解説

〘形口〙 ちゅういぶか・し 〘形ク〙 物事に注意する度合が深い。細かいところまで注意を払っている。また、きわめて慎重である。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉一五「注意深(チウヰブカ)き人々は竈下の灰より鼠の放れたる糞までも掻き集めて値段に掛るほどなれば」
ちゅういぶか‐げ
〘形動〙
ちゅういぶか‐さ
〘名〙

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

注意深の関連情報