注連縄・尻久米縄・端出縄(読み)しりくめなわ

精選版 日本国語大辞典の解説

しりくめ‐なわ ‥なは【注連縄・尻久米縄・端出縄】

〘名〙 (「くめ」は「籠(こめ)」で、わらのしりを切り捨てないでそのままこめ置いたなわの意) 上代、縄を引き渡して、内側にはいることを禁じ、清浄な地を区画する標としたもの。後、神前に引き、また、新年の時などの飾りとする。しめなわ。しりくべなわ。しりくめ。
※古事記(712)上「布刀玉の命、尻久米(クメ)〈此の二字は音を以ゐよ〉縄を其の御後方に控き度して白言ししく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報