コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泳ぐ・游ぐ およぐ

大辞林 第三版の解説

およぐ【泳ぐ・游ぐ】

( 動五[四] )
〔古くは「およく」と清音か〕
人・動物などが、手足やひれを動かして水面や水中を移動する。 「海で-・ぐ」 「川を-・いで渡る」 「鹿は三四許ばかり-・ぎて渡りける/今昔 23
うまく世の中で活動する。巧みに世を渡る。 「政界を巧みに-・ぐ」
人ごみの中で、人をかき分けて進む。 「群集の中を-・いでつき進む」
よろめいて空くうをかくようなかっこうになる。また、ゆれる。 「体が-・ぐ」
遊興に深入りする。 「自身陥まつて-・ぎ出すものなり/浮世草子・禁短気 5
[可能] およげる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android