コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泳ぐ・游ぐ およぐ

1件 の用語解説(泳ぐ・游ぐの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

およぐ【泳ぐ・游ぐ】

( 動五[四] )
〔古くは「およく」と清音か〕
人・動物などが、手足やひれを動かして水面や水中を移動する。 「海で-・ぐ」 「川を-・いで渡る」 「鹿は三四許ばかり-・ぎて渡りける/今昔 23
うまく世の中で活動する。巧みに世を渡る。 「政界を巧みに-・ぐ」
人ごみの中で、人をかき分けて進む。 「群集の中を-・いでつき進む」
よろめいて空くうをかくようなかっこうになる。また、ゆれる。 「体が-・ぐ」
遊興に深入りする。 「自身陥まつて-・ぎ出すものなり/浮世草子・禁短気 5
[可能] およげる

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone