津守国美

美術人名辞典の解説

津守国美

住吉神社宮司七十四代。河内枚岡神社宮司。和泉大鳥神社宮司。歌学者。幼名八千丸・上野介・摂津守。近衛忠熙門。男爵従三位。画を能くす。明治34年(1901)歿、72才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android