コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津山検校(初代) つやまけんぎょう

2件 の用語解説(津山検校(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津山検校(初代) つやまけんぎょう

?-1836 江戸時代後期の地歌三味線家。
大坂にでて,豊賀四度(とよが-しど),中川勾当(こうとう)をへて寛政7年検校となる。野川流長歌五十番の制度をさだめ,京撥(きょうばち)を改良して大型の津山撥を創始。天保(てんぽう)7年3月6日死去。尾張(おわり)(愛知県)出身。名は慶之一。代表作に「江戸土産」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

津山検校(初代)

没年:天保7.3.6(1836.4.21)
生年:生年不詳
江戸後期の地歌三弦家。名古屋から大坂へ出て活躍。名は慶之一。豊賀四度,中川勾当の名を経て検校となる。文化年間(1804~18)ごろに野川流長歌40番,番外10番を制定。現在「津山撥」の名で三味線に用いられている,先端が薄くなった大型の撥を創始した。「江戸土産」を松島検校と共作,「道中双六」を改調するなど,地歌の作曲も行う。「黒髪」の演奏を得意とし,その歌い方は津山節といわれたという。しかし『摂陽奇観』(1833)には三味線本手の伝授を受けていないことが欠点であると記されている。津山検校の名はその後大正期の5代目まで続く。寛延~天明期ごろ(18世紀後半)に京都で活躍した地歌三弦家の津山検校富一は別人である。

(千葉優子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津山検校(初代)の関連キーワード木村千斎石川勾当鶴山勾当政島検校三つ橋勾当峰崎勾当川瀬里子名古屋扇浦崎検校長岡勾当

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone