コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津山検校(2代) つやまけんぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津山検校(2代) つやまけんぎょう

1798-1853 江戸時代後期の地歌三味線家。
寛政10年生まれ。3代中川検校の門弟。文政11年検校に登官して,豊賀(とよが)2代となる。嘉永(かえい)元年津山2代をつぐ。嘉永6年9月5日死去。56歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。初姓は都倉。名は春寿一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

津山検校(2代)の関連キーワードヘルウェティア共和国聖地管理問題徳川家慶ベートーベンゴルチャコフフェリス目黒道琢オファイトアラブ文学ケンタッキー・バージニア決議

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android