コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津打治兵衛(初代) つうち じへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津打治兵衛(初代) つうち-じへえ

?-? 江戸時代前期の歌舞伎役者,歌舞伎作者。
はじめ津山次兵衛の名で役者をつとめ,のち大坂岩井半四郎座の作者となる。元禄(げんろく)13年江戸市村座にうつり「持統天皇都移(みやこわたまし)」「傾城(けいせい)乳母桜」などで評判をえた。正徳(しょうとく)5年(1715)以前に死去。作品はほかに「日本阿闍世(あじゃせ)太子」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

津打治兵衛(初代)の関連キーワード歌舞伎役者歌舞伎

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android