コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津打治兵衛(3代) つうち じへえ

1件 の用語解説(津打治兵衛(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津打治兵衛(3代) つうち-じへえ

?-1771 江戸時代中期の歌舞伎作者。
2代の門人。宝暦12年江戸市村座で3代を襲名,立作者となる。浄瑠璃(じょうるり)の趣向に長じ,長唄などの作詞にもすぐれた。明和6年引退。明和8年4月19日死去。甲斐(かい)(山梨県)出身。初名は津打伝十郎。後名は鈍通与三(惣)兵衛。別号に一河斎。作品に「封文栄曾我(ふうじふみさかえそが)」「帯曳小蝶昏(おびひきこちょうのゆうぐれ)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

津打治兵衛(3代)の関連キーワードお蔭参り山岡浚明自伝自伝文学明和の大津波明和八重山地震津波赤川池の藻屑オーエン大鳥池

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone