コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津打治兵衛(3代) つうち じへえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津打治兵衛(3代) つうち-じへえ

?-1771 江戸時代中期の歌舞伎作者。
2代の門人。宝暦12年江戸市村座で3代を襲名,立作者となる。浄瑠璃(じょうるり)の趣向に長じ,長唄などの作詞にもすぐれた。明和6年引退。明和8年4月19日死去。甲斐(かい)(山梨県)出身。初名は津打伝十郎。後名は鈍通与三(惣)兵衛。別号に一河斎。作品に「封文栄曾我(ふうじふみさかえそが)」「帯曳小蝶昏(おびひきこちょうのゆうぐれ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

津打治兵衛(3代)の関連キーワードお蔭参り山岡浚明シュレーダー新聞キャベンディッシュ杉田玄白土御門泰邦平賀源内自伝自伝文学

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android