津村 重舎(1代目)(読み)ツムラ ジュウシャ

20世紀日本人名事典の解説

津村 重舎(1代目)
ツムラ ジュウシャ

大正・昭和期の実業家 津村順天堂創立者;貴院議員。



生年
明治4年7月5日(1871年)

没年
昭和16(1941)年4月28日

出生地
奈良県

学歴〔年〕
東京商業学校中退

経歴
明治26年津村順天堂を設立、婦人専門薬「中将湯」を売出し成功をおさめる。東京府多額納税議員として貴院に席があったが、“2.26事件”に際し、貴院での反軍演説でやむなく辞任。また東亜公司を設立し社長に就任。その他、第一製薬、江東製薬社長、日本売薬、東京計量器製作所などの取締役を務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android