コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津波避難ビルと津波避難タワー

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

津波避難ビルと津波避難タワー

津波避難ビル」は、津波の際に住民らが逃げ込める建物。市町村が高さや構造耐震性などの要件を定め、あらかじめ指定する。内閣府が2005年に定めた指針では新耐震基準(1981年施行)を満たす鉄筋か鉄骨鉄筋コンクリート造り。想定される浸水の深さに応じて2~4階建て以上としている。「津波避難タワー」は主に数メートルから十数メートルの高さの鉄製の骨組みの上に住民が一時的に避難できる。東海地震南海地震などを想定し、太平洋沿岸部の多くの自治体が設置している。鉄筋コンクリート製からむき出しの鉄骨製まで様々で、構造や強度など安全性について国の基準は定められていない。

(2013-03-03 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

津波避難ビルと津波避難タワーの関連キーワード津波避難

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android