津軽地域の自治体病院再編

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

津軽地域の自治体病院再編

5月末に県が白紙撤回した再編案には、弘前市立病院と国立病院機構弘前病院の統合に加え、国保平川病院の廃止、国保藤崎病院と板柳中央病院の廃止または民営化などの内容が盛り込まれた。町立大鰐病院は、病床の一部を、お年寄りが長期入院する療養病床に転換し、ベッド数を減らすとされた。だが、医師不足や医療制度改革によって環境は大きく変わった。平川病院は無床診療所に移行し、藤崎病院は町が民間委託し診療所にする方向だ。また、厚生労働省が療養病床を削減する方針を打ち出したことで、大鰐病院の転換案も現状に合わなくなっている。

(2007-06-06 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android