洪 錫炫(読み)ホン ソクヒョン(英語表記)Hong Seok-hyun

現代外国人名録2012の解説

洪 錫炫
ホン ソクヒョン
Hong Seok-hyun


国籍
韓国

専門
新聞人;実業家

肩書
韓国中央日報会長;世界新聞協会(WAN)会長;韓国駐米大使

経歴
世界銀行にエコノミストとして勤務後、韓国大統領秘書室補佐官、三星コーニング副社長などを経て、1994年韓国有力紙・中央日報の社長に就任。’99年会長。2001年世界新聞協会(WAN)首席副会長を経て、2002年アジアの言論人として初めて会長に選出。2003年韓国新聞協会会長。2005年2月駐米大使に就任するが、中央日報社長だった1997年に大統領選に絡む不正資金疑惑に関与していたことが発覚し、2005年7月辞職。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android