洪 錫炫(読み)ホン ソクヒョン(英語表記)Hong Seok-hyun

現代外国人名録2012の解説

洪 錫炫
ホン ソクヒョン
Hong Seok-hyun


国籍
韓国

専門
新聞人;実業家

肩書
韓国中央日報会長;世界新聞協会(WAN)会長;韓国駐米大使

経歴
世界銀行にエコノミストとして勤務後、韓国大統領秘書室補佐官、三星コーニング副社長などを経て、1994年韓国有力紙・中央日報の社長に就任。’99年会長。2001年世界新聞協会(WAN)首席副会長を経て、2002年アジアの言論人として初めて会長に選出。2003年韓国新聞協会会長。2005年2月駐米大使に就任するが、中央日報社長だった1997年に大統領選に絡む不正資金疑惑に関与していたことが発覚し、2005年7月辞職。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android