コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洪浩然

1件 の用語解説(洪浩然の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

洪浩然

1593(文禄2)年、鍋島直茂(佐賀藩祖)軍に捕らえられ、佐賀に連行された。まだ少年だったが、その後、書家として活躍。初代佐賀藩主の勝茂にも仕え、勝茂が没すると、「忍忍則心之宝不忍身之殃(わざわい)」(忍ぶはすなわち心の宝、忍ばざるは身のわざわい)と揮毫(きごう)して追い腹を切った。

(2012-02-09 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

洪浩然の関連キーワード長谷川久蔵シャロン論介小笠原諸島二俣和紙伊曽保物語ウォルトン徐渭豊臣秀頼碧蹄館

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

洪浩然の関連情報