コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洪浩然

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

洪浩然

1593(文禄2)年、鍋島直茂(佐賀藩祖)軍に捕らえられ、佐賀に連行された。まだ少年だったが、その後、書家として活躍。初代佐賀藩主の勝茂にも仕え、勝茂が没すると、「忍忍則心之宝不忍身之殃(わざわい)」(忍ぶはすなわち心の宝、忍ばざるは身のわざわい)と揮毫(きごう)して追い腹を切った。

(2012-02-09 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

洪浩然の関連キーワードシェークスピア長谷川久蔵シャロン論介文禄・慶長の役ミハイ(勇敢王)安土桃山時代(年表)小笠原諸島二俣和紙伊曽保物語

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android