コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活け いけ

大辞林 第三版の解説

いけ【活け】

〔動詞「生く」の連用形から〕
気絶した者に活かつを入れること。 「引き起して死活の-/浄瑠璃・伊賀越道中双六」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

活けの関連キーワード日本料理/おもな調理用語同音語のアクセントすさみケンケン鰹伊賀越道中双六勝浦のマグロ宮崎カンパチ手活けの花青山友里恵北浦灘アジひまわり村学究手生け後の雛活魚艙締める砂の物連用形野締め値賀咲活魚

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

活けの関連情報