活宗洞猊

美術人名辞典の解説

活宗洞猊

幕末・明治曹洞宗の僧。丹波生。加賀天徳院第二十四世。隠龍寺第十世・京都円浄寺開山。隠龍寺無底泰量のもとで得度、江戸吉祥寺会下学寮に学ぶ。泰量の後席を継ぎ隠龍寺に入り、その後、加賀棟岳寺・越中光厳寺・加賀天徳院に歴住した。円浄寺に閑居後、兵庫県隆国寺に住し、総持寺西堂に任ぜられた。明治18年(1885)寂、71才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android