コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活断層に関した新たな規制基準

1件 の用語解説(活断層に関した新たな規制基準の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

活断層に関した新たな規制基準

原子力規制委が示した「耐震設計上考慮すべき活断層」は、後期更新世以降(約12万~13万年前以降)の活動が否定できないもので、後期更新世以降の地形や地層が存在しない場合は、中期更新世以降(約40万年前以降)までさかのぼって活動性を評価するとしている。

(2013-09-04 朝日新聞 朝刊 青森全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

活断層に関した新たな規制基準の関連キーワード原子力規制庁ASLBACRS原子力安全基盤機構耐震指針原子力規制委員会設置法地震随伴事象耐震バックチェック白木―丹生断層原子力規制委人事をめぐる例外規定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone