コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流れ蟇・流れ蟆 ながれひきがえる

大辞林 第三版の解説

ながれひきがえる【流れ蟇・流れ蟆】

カエル目ヒキガエル科に属するヒキガエル。1970年代に発見された。日本の本州中央部に分布。山地の渓流を主な繁殖地とし、通常のヒキガエルとよく似ているが、幼生期の形態では通常のヒキガエルに比べ頭部が大きく、流れの強い渓流へ適応した結果だと言われている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

流れ蟇・流れ蟆の関連キーワードヒキガエル

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android