コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流体キャスト りゅうたいキャストfluid cast

岩石学辞典の解説

流体キャスト

頁岩の地層表面に見られる滑らかな円形または卵形の表面で,これらは植物化石と記載された[Sternberg : 1820-1826, Geinitz : 1858].フレミングはこれらの痕は粘土がまだ軟らかい状態の際に,水またはガスで満たされた泡が破壊したことで形成されたと考えた[Fleming : 1853].その後これらにfluid castの名称が提案された[Carruthers : 1871].ウッドはこの構造は周囲の頁岩との差動的な鏡肌作用(diferential slickensiding)によって形成されるとした[Wood : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

流体キャストの関連キーワードスリップ・マークギリエルマイト

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android