コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流域治水推進条例案

1件 の用語解説(流域治水推進条例案の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

流域治水推進条例案

42条で構成。総合的な対策で水害に強い地域をめざす。200年に1度の大雨で3メートル以上の浸水が予測される区域を浸水危険区域に指定。区域内で住宅などを新築・増改築する場合、敷地のかさ上げか、避難場所の確保を義務づけ、違反者に罰金を科す。対象は8市町の約40カ所、計約20平方キロに及び、住宅など約1千戸が含まれる。県は、条例制定後に400万円を上限にかさ上げ費用の半額を補助することを検討している。

(2013-09-18 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流域治水推進条例案の関連キーワード国土総合開発法善に強い者は悪にも強い総合学習総合的悪に強いは善にも強い津波対策推進法担い手育成総合支援協議会特定地域開発就労事業総合治水対策横に強い

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

流域治水推進条例案の関連情報