コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流星カメラ りゅうせいカメラmeteor camera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流星カメラ
りゅうせいカメラ
meteor camera

1930年代よりハーバード天文台そのほかで,流星専門に撮影する試みが始り,専門の写真機がつくられるようになった。これは広い視野をもつスーパー・シュミット望遠鏡の対物鏡の前に回転する扇形板を置き,流星の軌跡が 60分の1秒ごとにさえぎられて破線状に写るようになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうせいカメラ【流星カメラ meteor camera】

流星の写真を撮影する目的のカメラ。そのためにカメラを特別に設計製作することもあるし,他のカメラを転用することもある。能率的に流星を撮影するには,写野の広いこと,明るい光学系であることが必要であり,そのためにいろいろのくふうがされる。数台のカメラを組み合わせて写野を広くすることも行われ,4連カメラなどがよくみられる。流星の角速度を知るため,毎秒数十回の割合で視野を開閉する回転シャッターなどがよく装備される。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

流星カメラの関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android