流星滝(読み)りゅうせいのたき

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕流星滝(りゅうせいのたき)


北海道中央部、大雪(たいせつ)山系北東の層雲(そううん)峡にある滝。石狩(いしかり)川支流の赤岳(あかだけ)沢の断崖(だんがい)を豪快に流れ落ちる。落差約90m。近くの銀河(ぎんが)滝・雲井(くもいの)滝などとともに大雪山(だいせつざん)国立公園の層雲峡を代表する景勝。下流約2kmに層雲峡温泉がある。銀河滝とあわせて「日本の滝百選」に選定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android