コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流理構造[火成岩] りゅうりこうぞう[かせいがん]flow structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

流理構造[火成岩]
りゅうりこうぞう[かせいがん]
flow structure

火成岩体の中に認められるマグマが流動したことのわかる構造。マグマの流動を示すものは,色の差による縞模様,結晶度の差,気泡の配列,柱状・板状結晶の配列などで,断面では平行の模様を示す。流紋岩の名はこの構造を示すことに由来し,気泡の平行配列もまれでない。顕微鏡で認められる流理構造流理組織といって肉眼的な場合と区別することがある。深成岩では噴出岩ほど明瞭でないが,かすかな流理構造が認められ,これによってマグマが貫入したときの方向や,その後の変形を推定する研究が行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android