浄弁・浄辨(読み)じょうべん

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうべん ジャウベン【浄弁・浄辨】

鎌倉時代歌僧比叡山で修行したといわれる。二条為世門人で、頓阿兼好、慶運とともに当時の和歌四天王と称せられた。二条派に属し、「続千載集」以下の勅撰集に二〇首あまり入集し、「古今和歌集註」の著がある。家集「浄弁並慶運歌集」。生没年未詳。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android