コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅井忠綱(2代) あさい ただつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅井忠綱(2代) あさい-ただつな

?-? 江戸時代前期-中期の刀工。
初代浅井忠綱の子。父と同様に粟田口(あわたぐち)の銘をもちいた。享保(きょうほう)(1716-36)中期まで大坂で活躍。刀身彫刻を得意とした。初名は忠国。通称は万太夫。号は一竿子,合勝軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

浅井忠綱(2代)の関連キーワード刀工

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android