浅井 十三郎(読み)アサイ ジュウザブロウ

20世紀日本人名事典「浅井 十三郎」の解説

浅井 十三郎
アサイ ジュウザブロウ

昭和期の詩人



生年
明治41(1908)年10月28日

没年
昭和31(1956)年10月24日

出生地
新潟県守門村

本名
関矢 与三郎

学歴〔年〕
逓信省講習所卒

経歴
郷里の新潟で教員官吏をしていたが、ストライキに関係して上京し、新聞記者、工場労働者などを務める。その間、大正14年詩誌「無果樹」発行、のち「黒旗」「戦旗」などに寄稿、アナーキズム詩人として活躍し、昭和6年「其一族」を、13年「断層」を刊行。14年に郷里に帰り、以後農民運動に従事戦後の31年、詩と詩人社を設立し、詩誌「詩と詩人」「現代詩」を編集発行。ほかの詩集に「越後山脈」「火刑台の眼」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「浅井 十三郎」の解説

浅井 十三郎 (あさい じゅうざぶろう)

生年月日:1908年10月28日
昭和時代の詩人
1956年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android