コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅間山の立ち入り規制

1件 の用語解説(浅間山の立ち入り規制の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

浅間山の立ち入り規制

73年の中規模噴火を機に、火口から4キロ以内への立ち入り規制が始まった。気象庁は03年、主要火山で6段階の火山活動度レベルを定め、浅間山は2でスタート。04年9月の中規模噴火で3に引き上げられ、ほぼ全面的に立ち入られない4キロ規制となったが、昨年6月に2に緩和された。現在、小諸市と軽井沢町各2コースの一部に立ち入り可能。

(2006-09-07 朝日新聞 朝刊 長野全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅間山の立ち入り規制の関連キーワード浅間山伊豆大島火口谷偽火山噴火口子持火口山頂噴火04年の噴火スーパーボルケーノとスーパーエラプション大規模カルデラ噴火天明泥流

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone