浜口 陽三(読み)ハマグチ ヨウゾウ

20世紀日本人名事典の解説

浜口 陽三
ハマグチ ヨウゾウ

昭和・平成期の版画家



生年
明治42(1909)年4月5日

没年
平成12(2000)年12月25日

出生地
和歌山県有田郡広川町

出身地
千葉県銚子市

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京芸術大学)彫刻科中退

主な受賞名〔年〕
サンパウロ・ビエンナーレ版画部門最優秀賞〔昭和32年〕,ルガノ国際版画ビエンナーレ9人賞(第5回)〔昭和33年〕,東京国際版画ビエンナーレ展国内賞〔昭和33年〕,ユーゴ国際版画ビエンナーレグランプリ(第4回)〔昭和36年〕,勲三等旭日中綬章〔昭和61年〕,大阪トリエンナーレ1997版画堺市長賞〔平成9年〕「Red Field」

経歴
ヤマサ醬油の11代浜口儀兵衛の三弟。東京美術学校彫刻科に入学したが、卒業を待たずに中退、梅原龍三郎の助言を得て昭和5年渡仏しパリに長く滞在。第二次世界大戦のため一時帰国するが、28年再びパリへ。56年サンフランシスコに移住。59年サラエボ五輪記念ポスターに採用されるなど発表活動はほとんど海外で行った。独特のカラー・メゾチント技法のエッチングは国際的評価を受け、作品はニューヨーク近代美術館をはじめ、海外の美術館にも収蔵される。60年全作品を網羅した日本で初の回顧展を国立国際美術館で開催した。平成8年帰国、日本で制作を続けた。10年末東京に美術館、ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションが開館。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

浜口 陽三 (はまぐち ようぞう)

生年月日:1909年4月5日
昭和時代;平成時代の版画家
2000年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜口 陽三の関連情報