コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜口 雄幸 ハマグチ オサチ

20世紀日本人名事典の解説

浜口 雄幸
ハマグチ オサチ

大正・昭和期の政治家,財政家 首相;立憲民政党初代総裁。



生年
明治3年4月1日(1870年)

没年
昭和6(1931)年8月26日

出生地
高知県長岡郡五台山村唐谷(現・高知市)

旧姓(旧名)
水口

学歴〔年〕
帝大法科大学(現・東大法学部)政治学科〔明治28年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日桐花大綬章

経歴
山林官水口胤平の三男に生まれ、明治21年高知県安芸郡田野町の旧郷士浜口家の養子となる。三高、東大卒業後、大蔵省に入り、専売局長官を経て、大正元年逓信次官、3年大蔵次官となる。4年政界に転じ高知から衆院議員に当選、憲政会きっての財政通として活躍。加藤内閣の蔵相若槻内閣の蔵相・内相を経て、昭和2年立憲民政党初代総裁に選ばれ、4年首相に就任。金融恐慌のなかで、軍縮・緊縮財政と金解禁を断行。“ライオン宰相”の異名をとる。深刻な不況と社会不安の激化した5年11月、東京駅で右翼青年に狙撃されて重傷を負う。容態が悪化して翌6年首相・総裁を若槻に譲り、8月永眠。平成元年日記が見つかる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

浜口 雄幸
ハマグチ オサチ


肩書
第27代首相,立憲民政党初代総裁

旧名・旧姓
旧姓=水口

生年月日
明治3年4月1日

出生地
高知県長岡郡五台山村唐谷(現・高知市)

学歴
帝大法科大学(現・東大法学部)政治学科〔明治28年〕卒

経歴
山林官水口胤平の三男に生まれ、明治21年高知県安芸郡田野町の旧郷士浜口家の養子となる。三高、東大卒業後、大蔵省に入り、専売局長官を経て、大正元年逓信次官、3年大蔵次官となる。4年政界に転じ高知から衆院議員に当選、憲政会きっての財政通として活躍。加藤内閣の蔵相、若槻内閣の蔵相・内相を経て、昭和2年立憲民政党初代総裁に選ばれ、4年首相に就任。金融恐慌のなかで、軍縮・緊縮財政と金解禁を断行。“ライオン宰相”の異名をとる。深刻な不況と社会不安の激化した5年11月、東京駅で右翼青年に狙撃されて重傷を負う。容態が悪化して翌6年首相・総裁を若槻に譲り、8月永眠。平成元年日記が見つかる。

受賞
勲一等旭日桐花大綬章

没年月日
昭和6年8月26日

家族
長男=浜口 雄彦(銀行家) 二男=浜口 巌根(銀行家)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

浜口 雄幸 (はまぐち おさち)

生年月日:1870年4月1日
大正時代;昭和時代の財政家;政治家。総理大臣;大蔵大臣
1931年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

浜口 雄幸の関連キーワード高知県高知市五台山統帥権干犯問題教化総動員運動日本工業倶楽部血液センター鈴木 富士弥中島 弥団次佐郷屋 留雄田中義一内閣選挙粛正運動井上準之助佐郷屋留雄加藤 鯛一伊沢多喜男全国大衆党中島弥団次ドル買事件太田 耕造小泉又次郎渡辺千冬

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜口 雄幸の関連情報