コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜口 雄幸 ハマグチ オサチ

20世紀日本人名事典の解説

浜口 雄幸
ハマグチ オサチ

大正・昭和期の政治家,財政家 首相;立憲民政党初代総裁。



生年
明治3年4月1日(1870年)

没年
昭和6(1931)年8月26日

出生地
高知県長岡郡五台山村唐谷(現・高知市)

旧姓(旧名)
水口

学歴〔年〕
帝大法科大学(現・東大法学部)政治学科〔明治28年〕卒

主な受賞名〔年〕
勲一等旭日桐花大綬章

経歴
山林官水口胤平の三男に生まれ、明治21年高知県安芸郡田野町の旧郷士浜口家の養子となる。三高、東大卒業後、大蔵省に入り、専売局長官を経て、大正元年逓信次官、3年大蔵次官となる。4年政界に転じ高知から衆院議員に当選、憲政会きっての財政通として活躍。加藤内閣の蔵相、若槻内閣の蔵相・内相を経て、昭和2年立憲民政党初代総裁に選ばれ、4年首相に就任。金融恐慌のなかで、軍縮・緊縮財政と金解禁を断行。“ライオン宰相”の異名をとる。深刻な不況と社会不安の激化した5年11月、東京駅で右翼青年に狙撃されて重傷を負う。容態が悪化して翌6年首相・総裁を若槻に譲り、8月永眠。平成元年日記が見つかる。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

浜口 雄幸
ハマグチ オサチ


肩書
第27代首相,立憲民政党初代総裁

旧名・旧姓
旧姓=水口

生年月日
明治3年4月1日

出生地
高知県長岡郡五台山村唐谷(現・高知市)

学歴
帝大法科大学(現・東大法学部)政治学科〔明治28年〕卒

経歴
山林官水口胤平の三男に生まれ、明治21年高知県安芸郡田野町の旧郷士浜口家の養子となる。三高、東大卒業後、大蔵省に入り、専売局長官を経て、大正元年逓信次官、3年大蔵次官となる。4年政界に転じ高知から衆院議員に当選、憲政会きっての財政通として活躍。加藤内閣の蔵相、若槻内閣の蔵相・内相を経て、昭和2年立憲民政党初代総裁に選ばれ、4年首相に就任。金融恐慌のなかで、軍縮・緊縮財政と金解禁を断行。“ライオン宰相”の異名をとる。深刻な不況と社会不安の激化した5年11月、東京駅で右翼青年に狙撃されて重傷を負う。容態が悪化して翌6年首相・総裁を若槻に譲り、8月永眠。平成元年日記が見つかる。

受賞
勲一等旭日桐花大綬章

没年月日
昭和6年8月26日

家族
長男=浜口 雄彦(銀行家) 二男=浜口 巌根(銀行家)

出典|日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜口 雄幸の関連情報