コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜松大空襲

1件 の用語解説(浜松大空襲の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

浜松大空襲

1945年6月18日午前0時過ぎ、B29爆撃機約100機が浜松市中心部に来襲、約6万5千発の焼夷(しょうい)弾を落とした。市調べで1157人(警察調べでは1717人)が死亡した。同市には軍施設や軍需工場が多くあり、空襲や艦砲射撃で計27回の被害にあったが、この空襲の被害が最も大きかったとされる。

(2012-06-14 朝日新聞 朝刊 静岡全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浜松大空襲の関連キーワード時過ぐ時過ぎ人ネット調査の方法静岡大空襲東北空襲福岡大空襲鶴見空襲豊川海軍工廠岩美駅空襲大阪教育大付属池田小事件

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone