コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜松大空襲

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

浜松大空襲

1945年6月18日午前0時過ぎ、B29爆撃機約100機が浜松市中心部に来襲、約6万5千発の焼夷(しょうい)弾を落とした。市調べで1157人(警察調べでは1717人)が死亡した。同市には軍施設や軍需工場が多くあり、空襲艦砲射撃で計27回の被害にあったが、この空襲の被害が最も大きかったとされる。

(2012-06-14 朝日新聞 朝刊 静岡全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

浜松大空襲の関連キーワード浜松復興記念館

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜松大空襲の関連情報