コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜益[村] はまます

1件 の用語解説(浜益[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はまます【浜益[村]】

北海道西部,石狩支庁浜益郡の村。人口2550(1995)。増毛山地に囲まれ,浜益川などの小河川が石狩湾に注ぐ。集落は各河口のわずかな平地に点在する。中心の茂生(もい)は1706年(宝永3)松前藩が益毛(ましけ)場所を開いた地。かつてはニシンの豊富な漁場として知られたが,現在は米作とサケ,カレイなどの漁獲が基幹産業となっている。北部の山地および海岸線の一部は暑寒別(しよかんべつ)道立自然公園に含まれ,雄冬(おふゆ)岬周辺の海岸がその中心である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浜益[村]の関連キーワード石狩支庁石狩川石狩山地石狩平野石狩湾石狩小樽後志余市総合振興局

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone