浦井有國(読み)うらい ありくに(ゆうこく)

美術人名辞典の解説

浦井有國

江戸中期の商人・俳人国学者。京都生。名は隆屋、通称は徳右衛門、別号に諧仙堂等。家業は刀剣の柄糸商。俳諧を入江斗雪に、和歌を富士谷御杖にまなぶ。短冊の蒐集家として知られる。文政8年(1825)京都橘仙堂及び松月堂より上梓した『眺望集』はその所蔵の短冊八十枚を復刻したものである。著書に『芭蕉俳諧七部集』の天爾波の研究書である『俳諧天爾波抄』がある。安政5年(1858)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android