コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦井有國 うらい ありくに(ゆうこく)

1件 の用語解説(浦井有國の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

浦井有國

江戸中期の商人・俳人・国学者。京都生。名は隆屋、通称は徳右衛門、別号に諧仙堂等。家業は刀剣の柄糸商。俳諧を入江斗雪に、和歌を富士谷御杖にまなぶ。短冊の蒐集家として知られる。文政8年(1825)京都橘仙堂及び松月堂より上梓した『眺望集』はその所蔵の短冊八十枚を復刻したものである。著書に『芭蕉俳諧七部集』の天爾波の研究書である『俳諧天爾波抄』がある。安政5年(1858)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浦井有國の関連キーワード檜垣貞盈加藤直蔭松岡玄達中尾宗言下村正啓大龍宗丈大江千楯名倉安興仏佐吉国学者