コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦井有國 うらい ありくに(ゆうこく)

美術人名辞典の解説

浦井有國

江戸中期の商人・俳人国学者。京都生。名は隆屋、通称は徳右衛門、別号に諧仙堂等。家業は刀剣の柄糸商。俳諧を入江斗雪に、和歌を富士谷御杖にまなぶ。短冊の蒐集家として知られる。文政8年(1825)京都橘仙堂及び松月堂より上梓した『眺望集』はその所蔵の短冊八十枚を復刻したものである。著書に『芭蕉俳諧七部集』の天爾波の研究書である『俳諧天爾波抄』がある。安政5年(1858)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android