コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦廻船(浦回船) うらかいせん

1件 の用語解説(浦廻船(浦回船)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うらかいせん【浦廻船(浦回船)】

江戸時代に全国津々浦々に発達した廻船。江戸と大坂との間の海運に従事した〈菱垣廻船〉と〈樽廻船〉,日本海方面から津軽海峡を経て江戸に至る〈東廻海運〉,おなじく日本海方面から下関海峡を経て大坂に至る〈西廻海運〉のように基幹航路に就航した廻船に対して,浦廻船は,地方の産物を城下町や江戸・大坂のような大市場に運ぶとともに,そこに集まった物資を逆に地方に配給していくうえで重要な役割を果たした。幕藩領主の年貢米の輸送を契機として新たな展開を示した海運は,18世紀に入り年貢米の郷払いが多くなるにつれて,地方の商品流通を盛んにし,村の構造にも変化を及ぼした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浦廻船(浦回船)の関連キーワード廻船樽廻船武士道弁才船ラジオ体操米問屋津津浦浦塩船御厳六十餘洲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone