浪人・牢人(読み)ろうにん

  • ろうにん ラウ‥

大辞林 第三版の解説

スル
律令制で、戸籍に記載された土地を離れた者。その多くは、調庸の負担にたえかねて耕作を放棄した農民。浮浪。浮浪人。
(「牢人」とも書く)主家の没落などによって主従関係を断ち、代々の家禄その他の恩典を失った武士。江戸時代には幕府のたび重なる諸藩取りつぶしもあって大量に発生し、幕府はその処遇に苦慮した。
進学や就職に失敗し、次の機会を待ってその準備をすること。また、その人。 ⇔ 現役 二年-してやっと志望校に入る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 郷土を離れて、諸国を流浪する人。特に令制で、戸籍に記載されている本貫(ほんがん)の地を離れた者。調庸の負担から逃れることになる。
※続日本紀‐延暦九年(790)一〇月癸丑「不土人浪人及王臣佃使。撿録財堪甲者」 〔柳宗元‐李赤伝〕
② (━する) 主家を去り封祿を失った人。また、そのようになること。特に近世、仕官していない武士。主人持ちでない武士。浪士。
※源平盛衰記(14C前)二七「昔は信濃国住人、今は牢人(ラウニン)笠原平五頼直」
※浄瑠璃・女殺油地獄(1721)中「おのれが野崎の暴れ故伯父は侍一分立たず、らう人し大坂へ下るとの便」
③ (━する) 職業を失うこと。また、一定の職業のない者。失業者。
※集義和書(1676頃)一二「高祖は、領地とては一尺の地も持せず、独夫の牢人なりしかども」
④ (牢人) 牢に入れられている人。牢者。〔日葡辞書(1603‐04)〕
⑤ (━する) かけおちをすること。また、その人。
※滑稽本・旧観帖(1805‐09)二「うらが国で浪人せる者ア、ろくなアことじゃアおざらぬぞ〈おう刕にては、欠落するをらう人といふ〉」
⑥ (浪人) (━する) 上級学校の入学試験に不合格となり、学籍をもたないで、翌年の試験のために勉強すること。また、その人。
※野獣死すべし(1958)〈大藪春彦〉「真田の人相は、ぐっと若くなって二十歳ぐらいの浪人風〈略〉飴色の眼鏡をかけ、スプリングの下に学生服を着ている」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android