コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浪合[村] なみあい

世界大百科事典 第2版の解説

なみあい【浪合[村]】

長野県南西部,下伊那郡の村。人口780(1995)。天竜川支流の和知野(わちの)川上流域を占める。木曾山脈南東麓に位置し,村域の大部分林野で,中央部を東流する浪合川沿いにわずかに耕地が開ける。中心集落の浪合は三州街道(現,国道153号線)の宿駅として栄えた。かつては広大な山林原野を活用して薪炭生産が盛んであったが,1950年代後半から不振となり過疎化も進んだ。近年,別荘地,スキー場,ゴルフ場などの観光開発が行われるが,人口は横ばい状態にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浪合[村]の関連キーワードレオ4世倉持孝子秋篠寺天親可汗秋田城イサウリア朝火星均田法送信機火星

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android