コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浪花節(なにわぶし) なにわぶし

1件 の用語解説(浪花節(なにわぶし)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

浪花節(なにわぶし)

神仏の説経を源流とし、祭文(さいもん)、チョンガレ節と発展、義太夫、長唄などのメロディーに落語、講談のストーリーを加味しながら今日の浪曲になった。節は演者が各自作曲し、好みに応じて語る。関東節、関西節、その中間のあいのこ節など。明治初期までは大道芸の1つ。戦前は講談と共に大衆娯楽の雄だった。東家三楽・日本浪曲協会会長、大阪の真山一郎・浪曲親友協会会長の下、全国で約100人が活躍中(2006年9月現在)。東京・浅草の木馬亭は日本唯一の浪曲専門劇場。

(太田博 演劇・演芸評論家 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浪花節(なにわぶし)の関連キーワード祭文浪曲魚説経歌祭文賽物祭文語り祭文節祭文読み説経祭文袖萩祭文

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone