浮き出る・浮出る(読み)うきでる

大辞林 第三版の解説

うきでる【浮き出る・浮出る】

( 動下一 )
表面に浮かび出る。 「額に青筋が-・でる」
形・模様・色などが背景や周囲のものから抜け出て、くっきりと見える。 「照明に映えて天守閣が夜空に-・でて見える」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android