コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮き構造・浮構造 うきこうぞう

大辞林 第三版の解説

うきこうぞう【浮き構造・浮構造】

〘建〙
軟弱な地盤上に建造物を支持するための基礎構造。べた基礎・筏いかだ基礎など。
振動を防止するため、主構造体から床・壁・天井などを、ゴムなど弾力のある支持材で遮断した構造。放送室・録音室などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

浮き構造・浮構造の関連キーワードべた基礎建造物天井弾力振動

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android