コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮鮴・浮吾里 うきごり

大辞林 第三版の解説

うきごり【浮鮴・浮吾里】

スズキ目の淡水魚。全長約12センチメートル。ハゼの一種で、頭は扁平、腹びれは吸盤状。口が大きく、下あごは上あごより長い。体色は淡緑茶色で、褐色の斑紋が背や体側にある。斑紋や生態により、汽水・淡水・中流の各型に分ける。食用。沖縄県をのぞく各地の湖沼や河川の中流から汽水域に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

浮鮴・浮吾里の関連キーワード汽水域淡水魚体色湖沼体側斑紋中流

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android