コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海外のサプリメント事情 かいがいのさぷりめんとじじょう

1件 の用語解説(海外のサプリメント事情の意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

かいがいのさぷりめんとじじょう【海外のサプリメント事情】

サプリメント先進国はアメリカ
 サプリメント先進国といえばアメリカ。販売されているサプリメントの種類は1995年で2万点に及び、国民の半数以上がサプリメントを摂取しているといわれています。
 アメリカでは1つの栄養成分に対しても多様な製品があり選択肢が豊富なこと、価格も日本の3分の1程度と適正なこと、そして科学的根拠があれば効果が宣伝できるため、消費者に対する訴求力があることなどが、サプリメント人気を支えています。
 ヨーロッパでは伝統的なハーブ系のサプリメントが多く、医療機関で積極的に使用されているものも少なくありません。またホメオパシー治療(病気と似た症状が出る物質をごく少量摂取して治療する)が盛んで、その治療薬にはハーブが含まれているものが多く、2000種以上も出回っています。
 インドでは6000年の歴史を持つアーユルヴェーダ医療、中国では漢方薬があり、世界各国でも関心を集めています。日本では手に入りにくい人気のサプリメントを「海外のサプリメント」項目で紹介しています。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

海外のサプリメント事情の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカ先進国サプリメント外来アメリカ杉アメリカ地中海アメリカンサプリ補足物コメンスメント(Commencement)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海外のサプリメント事情の関連情報