コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海外の教育思想

1件 の用語解説(海外の教育思想の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海外の教育思想

モンテッソーリやフレーベルも有名だ。イタリアの医師モンテッソーリ(1870~1952)は、幼児期には周りの環境とかかわりながら必要な能力を獲得する「敏感期」があるとし、子どもが自由に選んだことをやらせることを重視した。ドイツの教育者フレーベル(1782~1852)は世界で最初に幼稚園をつくり、積み木などの教具を開発した。シュタイナーを含め、どの思想も、子どもの自主性や遊びを重んじている。

(2011-01-17 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海外の教育思想の関連キーワードサーベルノーベルフレーベルマイナーレーベルモーリアックモンテッソリレーベルメジャーレーベルモンテベルデ自然保護区ワイヤフレームモデル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone