コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海外商品先物オプション取引

1件 の用語解説(海外商品先物オプション取引の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海外商品先物オプション取引

海外の取引所で扱われる商品を、将来のある時点で、あらかじめ決めた価格で売買する権利自体を売買する取引。商品の価格の変動によっては、売買する権利を行使すると損失が出るため、権利を放棄せざるを得なくなり、投資金が一切戻らなかったり、投資額以上の損をしたりすることもある。トラブルの急増を受け、2011年1月に施行された商品先物取引法で電話勧誘と訪問販売が原則禁止され、事業者の参入には国の許可が必要となった。

(2012-11-14 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海外商品先物オプション取引の関連キーワード上場株株式仲買人清算取引相場表関西商品取引所フォワード(Forward)先渡取引先物取引(Futures)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone