コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海外戦没者の遺骨

1件 の用語解説(海外戦没者の遺骨の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海外戦没者の遺骨

厚生労働省によると、第2次大戦中に海外で亡くなった戦没者約240万人のうち、日本に戻った遺骨は約127万柱。このうち氏名が分からず、遺族に引き渡すことができない35万6632柱が千鳥ケ淵戦没者墓苑に納められている。厚労省は、日本に戻っていない約113万柱のうち、相手国の事情や現地の状況で収集が困難な遺骨を除く約60万柱を「帰還すべき遺骨」としている。

(2013-03-30 朝日新聞 朝刊 都 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海外戦没者の遺骨の関連キーワード中央労働委員会中国残留孤児厚生労働省過労死認定基準厚生労働大臣労働政策審議会大連と旅順高齢者と骨折在外被爆者原発作業員の労災認定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海外戦没者の遺骨の関連情報