コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海外技術研修員事業

1件 の用語解説(海外技術研修員事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海外技術研修員事業

開発途上国の人々の技術の習得や友好を深めることを目的として、県が73年度から毎年実施する事業。これまでに29カ国から223人を受け入れた。今年度は中国やパラオなど7カ国から8人が訪れ、専門に応じて県観光連盟やビル管理会社などで実務研修を受けている。

(2006-12-14 朝日新聞 朝刊 三重 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海外技術研修員事業の関連キーワード円借款開発途上国開発輸入友好OISCA後発開発途上国TCDCUNITARCDMクリーン開発メカニズム)植林後発開発途上国(LDC)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone