コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海岸防災林と津波防災緑地

1件 の用語解説(海岸防災林と津波防災緑地の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海岸防災林と津波防災緑地

林野庁が管轄する海岸防災林は高潮や飛砂、強風などを防ぎ、農地や住宅を守る。一方、国の復興交付金で県などが作る津波防災緑地は、レクリエーションや休息、環境保全などの機能を持ち、災害時には避難場所としても使う。いずれも津波が来た場合には、植えた木々や敷地内の盛り土で、津波の勢いを和らげたり、船などが住宅地に流れ込んだりするのを防ぐ効果などが期待されている。

(2014-06-10 朝日新聞 朝刊 宮城全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海岸防災林と津波防災緑地の関連キーワード国有林防災林管内構外所轄林野庁が所管する国有林野官行造林地林野庁以外の官庁が所管する国有林野海岸砂防海岸防災林

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone