コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海星・人手 ひとで

大辞林 第三版の解説

ひとで【海星・人手】

ヒトデ綱に属する棘皮きよくひ動物の総称。すべて海産。体は扁平な中央盤と五本もしくはそれ以上の腕から成る。腹面中央に口があり、背面に肛門が開く。外面は石灰質でおおわれ、短いいぼ状突起が密生。再生力が強い。イトマキヒトデ・ヤツデヒトデなど種類が多い。海盤車。
の一種。軸長20センチメートルほど。五本の太い腕をもつ。北太平洋に広く分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

海星・人手の関連キーワード石灰質密生

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android