コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海松食・水松食 みるくい

大辞林 第三版の解説

みるくい【海松食・水松食】

海産の二枚貝。殻長15センチメートル 内外。後端の開口部から太い水管が出ている。殻表は暗褐色の殻皮でおおわれている。水管は鮨種すしだねにする。内湾の泥底にすむ。北海道南部以南に分布。ミルガイ。 〔水管に海藻のミルが着生し、これを食べているように見えたのでこの名があるという〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

海松食・水松食の関連キーワードミルガイ水管