海桐・海桐花(読み)とべら

大辞林 第三版の解説

とべら【海桐・海桐花】

トベラ科の常緑低木。暖帯の海岸に自生し、庭木ともされる。高さ2~3メートル。葉は枝先付近に互生し、狭長楕円形で質が厚い。雌雄異株。六月頃、枝先に五弁の白花を集散花序につける。果実は球形で熟すと三裂し、種子は赤い。正月や節分に、邪鬼を払うためこの枝を用いる地方がある。トビラノキ。 〔「海桐の花」は [季] 夏〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android