コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海桐・海桐花 とべら

大辞林 第三版の解説

とべら【海桐・海桐花】

トベラ科の常緑低木。暖帯の海岸に自生し、庭木ともされる。高さ2~3メートル。葉は枝先付近に互生し、狭長楕円形で質が厚い。雌雄異株。六月頃、枝先に五弁の白花を集散花序につける。果実は球形で熟すと三裂し、種子は赤い。正月や節分に、邪鬼を払うためこの枝を用いる地方がある。トビラノキ。 〔「海桐の花」は [季]夏〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

海桐・海桐花の関連キーワードトビラノキ海桐

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android