コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海気・海黄・甲斐絹 かいき

大辞林 第三版の解説

かいき【海気・海黄・甲斐絹】

〔のちに「甲斐絹」とも当てる〕
練り糸を用いて細かく目をつめて織った平織りの絹布。光沢があり絹鳴りがする。本来、慶長以前に輸入された中国産絹織物をいったが、甲斐国郡内で模して織るようになり「郡内海気」ともいわれた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

海気・海黄・甲斐絹の関連キーワード甲斐絹絹布

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android