コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海砂採取をめぐる問題

1件 の用語解説(海砂採取をめぐる問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

海砂採取をめぐる問題

国有財産の海砂採取をめぐっては、佐賀県唐津市の採取業者について、法人税約1億2千万円を脱税したとして福岡国税局が佐賀地検に告発し、認可量の超過採取の疑いも浮上している。また、同市沖の玄界灘では、海砂採取を認可する境界を巡って佐賀県と長崎県が対立し、交渉が決裂。佐賀県は自治体同士の対立を解決する国の紛争処理制度の調停を申し立てる方針。申請すれば、都道府県同士では全国初のケースという。

(2010-07-24 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海砂採取をめぐる問題の関連キーワード企業用財産行政財産公共用財産公用財産固有財産特有財産普通財産官有財産国有財産私有財産制度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone